Four Great Certainties

四つの偉大な確信

 

Can you be sure of anything?

あなたは、何かを確信できますか? 

 

Never before have men lived in such an uncertain age. Life on this planet is very uncertain. The international situation is uncertain. The economy is uncertain. Cancer and heart disease make good health uncertain. The world is in great agitation. Statesmen scan the future. All is uncertain.

人は、かつてこんなにも不確かな時代に生きたことはありませんでした。この惑星での人生は非常に頼みになりません。国際情勢は変わりやすいです。経済は不安定です。癌や心臓病は健康を不安にします。 世界は大きな動揺の中にあります。政治家たちは、未来にざっと目と通します。全てが不確かです。

Among young and old, hearts reach out to find something that is certain. Can you really be certain about anything? Yes, there are Four Great Certainties – four things you can be sure about.

若くても老いても、心は確かな何かを見い出すために手を伸ばします。あなたは本当に何かについて確信できますか?  出来ます、四つの偉大な確信があります-あなたが確信を持てる四つの事です。

 

1st Great Certainty – Death

第一の偉大な確信 - 死

 

 

“It is appointed for men to die once...” Hebrews 9:27.

「人間には一度だけ死んでその後裁きを受けるの定められている…」 ヘブル人への手紙 弟927

 

“Life is a constant and daily journey toward death. One after another dies, and the living must merely engage in the miserable business of carrying one another to the grave. All of us are traveling the same road together.” – Luther.

Why?

「人生は死に向かっての 絶えず続く日々の旅である。一人また一人と死んでいく、そして 生者は 単にまた一人墓場へと運ぶ惨めな務めに従事しなければならない。私達、全ての者は同じ道を一緒に旅しているのだ。」-ルーサー。

何故なのでしょう?

 

lDeath is appointed us, not as a punishment for personal sins, but as the result of Adam’s sin.

・死は、私達の個人的な罪の罰としてではなく、アダムの罪の結果として私達に定められた。

 

“Sin made its entry into the world through one man, and through sin death.... As a result of one man’s sin death by natural consequence became the common lot of men.”  Romans 5:12, 15.

『アダムが罪を犯した時、罪は全世界に入り込みました。アダムの罪により、死が全人類に広まり… 一人の人アダムは、自分の罪によって多くの人に死をもたらしました。』 ローマ人への手紙 第512節、15

 

“In Adam all die.”  1 Corinthians 15:22.

『一人の人(アダム)の行為によって、死がこの世に入って来ました。』コリント人への手紙 第1522

 

 

2nd Great Certainty – Judgment

第二の偉大な確信 -審判

  

 

“It is appointed for men to die once, and after that comes judgment...” Hebrews 9:27.

『人間には、一度だけ死んで、その後さばきを受けることが定められている…』 ヘブル人への手紙 第927節。

“We shall all stand before the judgment seat of Christ.”  Romans 14:10.

『だれもが、神様のさばきの座の前に立つ』ローマ人への手紙 第1410節。

 

lJudgment beyond this life is only fair and right.

・この世を越えた審判は唯一公平で正しい。

 

“Cheats never prosper,” you may say. But they often do. Honest Joe, big-hearted Ben, and kind Kathy often get the worst end of the deal. The Bible acknowledges that this often happens here and now (Ecclesiastes 7:15; Psalms 73:1-16; Hebrews 11:32-39).

「ペテン師は決して繁栄しない」とあなたは言うかもしれません。 しかし、多くの場合、栄えます。正直者のジョー、寛大なベン、そして親切なキャッシーは、しばしば最悪の扱いを受ける結果となります。 聖書は、現在もこういったことが度々起こると認めています。(伝道の書 第715節;詩篇第731-16節;べブル人への手紙第1132-39節)。

 

The Bible also tells us that we live in a universe where all accounts must finally be squared. A final judgment upon this life is certain. “Though a sinner does evil a hundred times, and prolongs his life, yet I know that it will be well with those who fear God.” Ecclesiastes 8:12.

また、聖書は 私たちはすべてのツケは最終的に清算されるなければならない世界に住んでいると告げています。 この世の最後の審判は避けられません。『百度も罪を犯して、 なお生き長らえている人があるとしても、神様を敬っている人のほうが、ずっとしあわせです。』伝道の書 第812節。

 

lJudgment is before a law which is fair and just.

・正当で公正な法の前での審判 

We will be judged by a law which is “holy and just and good” (James 2:12; Romans 7:12).

私たちは『清く正しく、そして善い』律法によって裁かれます。(ヤコブの手紙第212節;ローマ人への手紙第712節)

The law knows no favorites. Judgment will be impartial (Romans 2:11-14).

その法にはえこひいきはありません。審判は偏見のないものになります。(ローマ人への手紙第211-14節)。

 

Human courts are not always fair, because they do not consider all the evidence. God’s judgment will consider all the evidence – even the hidden motives and secrets of men’s hearts (Matthew 12:36; 1 Corinthians 4:5; Romans 2:15, 16).

人類の法廷は必ずしも公正ではありません、なぜなら彼らは すべての明証を考慮しないからです。神様の審判は、真偽を明らかにするものすべてを考慮します。- 隠された動機や ひそかな人の気持ちでさえも。 (マタイの福音書第1236節;コリント人への手紙Ⅰ第45節;ローマ人への手紙第215節、16節)。

 

Those who have hate in their hearts will be guilty of murder (1 John 3:15). Those who have lustful thoughts will be guilty of adultery (Matthew 5:27, 28). All who bear grudges will be condemned (James 5:9). Everyone who fails to love God above everything, and his neighbor as himself, will stand guilty of being ungrateful and unjust (Matthew 22:37-39).

人を心の中で憎む者は殺人の罪を犯すのです(ヨハネへの手紙Ⅰ第315節)。淫らな思いを抱く者は姦淫の罪を犯すのです(マタイの福音書第527節、28節)。 恨みを持つ全ての者は、有罪を宣告されます(ヤコブの手紙第59節)。   だれでも、神様を何よりも愛さず、隣人を自分を愛するように愛さない者は、恩知らずで不誠実の罪に服するのです(マタイの福音書第2237-39節)。 

We don’t consider a man to be honest unless he is honest 100% of the time. Neither will the law of God consider a man to be righteous unless he is really righteous all the time (see Psalm 106:3; James 2:10).

私達は人が100%の生涯で正直で無い限り、彼を正直者とはみなしません。神様の法のもとでも、人が常に高潔でない限り正しいとはみなされないのです(詩篇 1063節、ヤコブの手紙 第210節 参照。)

 

Any failure to come up to God’s perfect standard is sin (1 John 3:4; Matthew 5:48).

神様の完璧な基準に至らない落第者は罪です(ヨハネの手紙I 第三章4節、マタイの福音書 第548節)。

 

lJudgment will decree a punishment to fit the crime.

・審判は、その罪悪にふさわしい処罰を定めるます。

 

There will be degrees of punishment (see Luke 12:47, 48).

処罰には度合いがあるでしょう(ルカの福音書 第1247節、48節 参照)。

The final end of all sinners is death. “The wages of sin is death.” Romans 6:23. “Their lot shall be in the lake that burns with fire and brimstone, which is the second death.” Revelation 21:8.

すべての罪人の最終的な結末は死です。『罪の支払う報酬は死です。』ローマ人への手紙 第623節。  『こんな連中の行き着く先は、火と硫黄が燃えさかる池です。これが第二の死なのです。』 ヨハネの黙示録 第218節。

  

Reflections:

省察:

If you should die tonight, could your life stand the test of the judgment?

もしアナタが今夜死んだなら、あなたの人生はその裁きのテストに耐えられますか?

Do you realize that if you stand on the basis of how good you are or how well you have lived, your case is hopeless? The Bible says, “There is none righteous, no, not one.... All have sinned, and come short of the glory of God.” Romans 3:10, 23. “All our good deeds are like filthy rags.” Isaiah 64:6.

もしあなたにあなたがどれほど良い人かという根拠があっても、どんなに申し分なく生きたとしても、あなたの言い分は無益だと悟りましたか?  聖書は書いています、『正しい人は一人もいない。すべての人は罪を犯しました。神の輝かしい標準にはほど遠い存在です。』ローマ人への手紙 第310節、23節。 『これこそ正義だという最上の着物をまとっても、悪臭を放つぼろきれにすぎません。』イザヤの予言 第646節。

Is it your desire to be found right with God so that you can face the judgment with confidence? If it is, there is good news for you! Let’s consider the next great certainty.

 

 自信を持って裁きに立ち向えるように、神様に対して正しいと認められることはあなたの願いでしょうか? もしそうであれば、良い知らせがあります! 次の偉大な確信を熟考しましょう。

 

3rd Great Certainty –

3の偉大な確信-

The Good News of Jesus Christ

イエス キリストの良い知らせ

 

 “And just as surely as it is appointed for all men to die once, and after that pass to their judgment, so it is certain that Christ was offered once to bear the sins of many...” Hebrews 9:27, 28 (Phillips).

『人間には、一度がけ死んで、その後さばきを受けることが定められているように、キリスト様も、多くの人の罪のためにご自身を捧げて、一度だけ死なれました…』 ヘブル人への手紙 第927節、28節 (フィリップス)。

The good news of Jesus Christ is as certain as death and judgment. God loves you and wants you to know what He has done for you in and through His Son, Jesus Christ. “For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whoever believes in Him should not perish, but have everlasting life.” John 3:16.

イエス キリストの良い知らせは、死や審判と同じくらい確かなものです。神様はあなたを愛しておられ、そして神様は、彼の息子であるイエス キリストを通して、あたなの為になされた事を知ってほしいのです。『実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、世を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。』ヨハネの福音書 第316

Consider what this good news is:

この良い知らせとは何かを考える:

lThe Son of God, who is our Creator and Judge (John 1:1-3; 5:22), took our place.  On our behalf He met the just requirements of God’s law.

私達の創造主であり、裁き主である神様の息子は(ヨハネの福音書 第113節、第522節)、私達の身代わりになられたのです。 私達に替わり、神の法の義にかなった要求を満たされたのです。

 

 

First, He lived for us a sinless life – a life which fulfilled the law of God in every respect. (Matthew 5:17; John 15:10).

まず第一に、彼は私達のために潔白な生涯 - 全ての点において神の法にかなう生涯を生きられました。

Second, He died for us and paid the penalty for our breaking the law of God. The Bible says, “Christ died for our sins.” 1 Corinthians 15:3. “While we were yet sinners, Christ died for us.”  Romans 5:8. His sacrifice on the cross was sufficient to save the whole world (1 John 2:2).

第二に、彼は私達の為に死の苦しみを味わられ、神の法を犯した私達の罰を受けられました。 聖書は書いています、『キリストは私たちの罪のために死なれた。』コリント人への手紙Ⅰ第153節。 『私たちがまだ罪人であった時に、キリストは私たちのために死んだ』ローマ人への手紙第58節。 彼の十字架での犠牲はこの世界全体を救うのに十分だったのです。(ヨハネの手紙I 第22節)。

 

lChrist rose from the dead and commanded His followers to tell everyone the good news that forgiveness and eternal life are offered freely to all who repent and believe. In fact it is these glad tidings that produce repentance and faith by the hearing of the gospel (Mark 1:15; 16:15, 16; Luke 24:47; John 20:31 1 John 5:13).

・キリスト様は死からよみがえり、彼の弟子達に全ての人へ、 罪を悔い改め信じる者全てに、許しと永遠の命が惜しげなく提供されるという良い知らせを伝えるよう命じました。 事実、これらの喜ばしい便りが悔い改めと福音を聞くことによる信仰をひき起こしました。(マルコの福音書 第115節、第1615節、16節、ルカの福音書 第2447節、ヨハネの福音書 第2031節、ヨハネの手紙I 513節)。 

Repentance is acknowledging that we are sinners and being sorry for breaking God’s law.

悔い改めとは私達が罪人であると認め、神の法を犯したことを後悔することです。 

Faith is trusting wholly in Christ, who obeyed the law perfectly for us and died on the cross to pay the penalty for our sins.

信仰とは 私達のために申し分なく法に従い、私達の罪の罰を受け十字架の上で亡くなられたキリスト様を全面的に信頼することです。 

lBecause of what Christ has done for us, God is able to declare that we are fully in the right when we put our faith in Jesus. He can do this and still be just (Romans 3:24-26).

・キリスト様が私たちの為にしてくださった事により、神様は 私達がイエス様を信じきるときは、私たちを『罪のない者』と宣言する事ができるのです。(ローマ人への手紙 第324-26節)。

 

When Christ took our place, our sins were counted against Him and He was punished for them just as if He had committed them Himself. In the same way, when we believe on Jesus, His upright life is counted ours and we are rewarded just as if we had actually lived that wonderful life (2 Corinthians 5:21; Romans 4:3-7; 5:18, 19; Matthew 10:41).

キリスト様が私達の身代わりになったので、私達の罪は彼の罪と見なされ、まるで彼自身がそれらを犯したかのように罰せられました。同じように、私たちがイエス様を信じるなら、彼の高潔な人生は私達のものとみなされ、まるで私達がその素晴らしい人生を実際に生きたかのように報酬を与えられるのです。(コリント人への手紙II 第521節、ローマ人への手紙 第43-7節、第518節、19節、マタイの福音書 第1041節)。

lGod begins to reward us for Christ’s sake even now.

・神様はキリスト様のために、今でさえも私達に報酬を与え始めておられます。 

Although God accepts us as we are, He does not leave us as we are. When He puts Christ’s sinless life to our credit, He not only declares that we are righteous, but He treats us as righteous. So –

神様はあるがままの私達を受け入れてくださいますが、私達をそのまま置き去りになされることはありません。 神様がキリスト様の罪のない命を私たちの掛け金として委ねられた時、神様は私達を正しい者と宣言されただけでなく、私たちを正しい者として扱われたのです。 そのようにー

 

He accepts us into His family as sons (John 1:12).

神様は私達を神の子供として家族に受け入れてくださいます。(ヨハネの福音書第112節)。 

He gives us the Holy Spirit (Galatians 4:6). 

神様は私達に聖霊を与えてくださいました(ガラテヤ人への手紙 第46節)。 

He radically changes our lives so that we can live

a new life of gratitude for God’s love and respect for His law (1 John 5:1; Romans 5:1-5; 7:6, 22; 8:3-7; 1 John 2:4; Psalm 119).

 神様は私達が神の愛に対しての感謝や 神の法に敬意を払う 新しい人生を送れるよう私達の人生を変えられます。(ヨハネの手紙I 第51節、ローマ人への手紙 第51-5節、第76節、22節、第83節―7節、ヨハネの手紙I 第24節、詩篇119章)。

 

Reflections:

省察:

Do you realize that with His Son, God gives you everything? This is what Romans 8:32 says!

あたなは、神様が彼の息子をもって、私達に全ての物を与えてくださった事を十分に理解していますか? これはローマ人への手紙 第832節に書いてある事です!

Do you realize that believing on Christ puts you on God’s side? With Him you can face anything (Romans 8:30-39).

あなたは、キリスト様を信じる事が、あなたを神様の側に近づけることだと悟っていますか? 彼と共にならあなたはどんな事にも立ち向かえるのです。 (ローマ人への手紙 第830-39節)。

When you are right with God, then you can look forward to the 4th Great Certainty with joy and confidence. Perhaps you already anticipate what that final certainty is.

あなたが神様に対して正しければ、 喜びと自身をもって第4の偉大なる確信を待ち望むことができるのです。

 

 

 

4th Great Certainty –

4の偉大な確信-

 

Christ’s Coming Again

キリスト様の再来

 

“Just as it is appointed for men to die once, and after that comes judgment, so Christ, having been offered once to bear the sins of many, will appear a second time, not to deal with sin but to save those who are eagerly waiting for Him.” Hebrews 9:27, 28.

『人間には、一度がけ死んで、その後さばきを受けることが定められているように、キリスト様も、多くの人の罪のためにご自身を捧げて、一度だけ死なれました。 そして、もう一度おいでになりますが、今度はつみを取り除くためではありません。その時の目的は、彼を熱心に、忍耐してまち望んでいるすべての人に、完全な救いを与えることなのです。』 ヘブル人への手紙 第927節、28

 

 

It is certain that “Christ will appear a second time.” He said “I will come again.” John 14:3 History has an appointed end. Christ will come “with power and great glory” and wind up the affairs of this old world (Matthew 24:30).

「キリストが再び姿を現す」のは確実です。彼は言っています 『私はまた来ます。』ヨハネの福音書 第143『歴史は決められた終わりがあります。キリスト様は『力とすばらしい栄光と共に』来て、この古い世界の事物を終わりにします。

 

lThose who “obey not the gospel of our Lord Jesus Christ... shall be punished with everlasting destruction from the presence of the Lord, and from the glory of his power.” 2 Thessalonians 1:8, 9.

『主、イエス・キリストによる神様の救いの計画を拒んだ者には、永遠の地獄で刑罰を受け、主の前から追放されて、二度と栄光に輝く主の力を見ることはないのです。』テサロニケ人への手紙Ⅱ 第18節、9

 

lTo believers who wait eagerly for Him, Christ’s return is the “blessed hope.”  Titus 2:13.

彼をひたむきに待ち望む信者達にとっては、キリスト様の再来は 『ありがたい希望』なのです。テトスへの手紙第213節。

Believers are not yet perfect or wholly without sin (Philippians 3:12-14; 1 John 1:8).

信じる者たちは、罪のない完璧でも完全なものでもありません。(ピリピ人への手紙 第312-14節;ヨハネの福音書 第18節)。

In their present frail, mortal state, they must fight against sin, suffer, and wait for their salvation to be openly disclosed at the second coming of Christ (Romans 8:16-25; Colossians 3:1-4).

いまの誘惑に負けやすく、死を免れない状態の中で、彼らは 罪に対して戦い、傷つき、そしてキリスト様の再来時に公然と明らかにされる救いを待たなければならないのです。(ローマ人への手紙 第816節-25節;コロサイ人への手紙 第31節―4節)。

The present comfort of the Spirit is only the “first fruits” or “down payment,” of their immortal inheritance (Romans 8:23; Ephesians 1:13, 14).

聖霊様の今日の慰めは 彼らの不滅の相続の単なる『奉納物』もしくは、『契約金』にすぎないのです。 (ローマ人への手紙第823節;エペソ人への手紙第113節、14節)。

When Christ comes, “the trumpet will sound, and the dead will be raised imperishable, and we shall be changed.... This mortal nature must put on immortality.” 1 Corinthians 15:52, 53.  “God...will wipe away every tear from their eyes, and death shall be no more, neither shall there be mourning nor crying nor pain any more, for the former things have passed away.” Revelation 21:3-4.

キリスト様が来るとき、『天からラッパの音が響くと、死んでいたすべてのクリスチャンは、たちまち、絶対に死なない、新しい体に復活します…死ぬべき今の体は、天上の、決して死ぬことのない、永遠に生きる体に変えられなければならないからです。』コリント人への手紙Ⅰ 第1552節、53節 『神は…その目から涙をぬぐってくださるのです。 もはや、死も悲しみも叫びも苦痛もありません。それらはみな、永遠に姿を消したからです。』ヨハネの黙示録第213節-4

 

lThe sure and certain hope of Christ’s coming inspires believers to live blameless lives (Titus 2:11-13).

・この確かで、信頼できるキリストの再来の希望は、信じる者たちを潔白な人生を生きることへ導きます(テトスへの手紙 第211-13節)。 

“Every man that has this hope in him purifies himself, even as He is pure.” 1 John 3:3.

『このことをほんとうに信じる人はみな、自分の身を、いつもきよく保とうと心がけます。 キリスト様はきよい方だからです。』 ヨハネからの手紙1 第33

 

 

An Invitation:

勧誘:

 

“If you confess with your lips that Jesus is Lord and believe in your heart that God raised Him from the dead, you will be saved.” Romans 10:9.

『もし自分の口で「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、神様はイエス・キリストを死人の中から復活させてくださったと信じるなら、あなたは救われる』ローマ人への手紙 第109

 

We invite you to know the joy and peace that comes by believing the message of Christ (Romans 15:13).

私達は喜びと和平がキリストの教えを信じることによって生まれることをあなた方が知るよう請います。 (ローマ人への手紙第1513節)。

When faith brings you into fellowship with God through our Lord Jesus Christ, you will want to have fellowship with those of “like precious faith.” Make contact with other Christians who love the Word of God. Feel free to write to us.

信仰があなたを、我らが主イエス キリストによる神様との親交に導いたのなら、 “同じような尊い信仰”の人たちと親睦をはかりたいでしょう。 神様の言葉を愛する他のクリスチャンと触れ合いなさい。私達にあなたの意見、感想を自由に書いてください。

 

1st Certainty “Just as it is appointed for men to die once,

1の確信 『人間には、一度だけ死んで、

 

2nd Certainty and after that comes judgment,

2の確信 そしてその後裁きを受けることが定められている

 

3rd Certaintyso Christ, having been offered once to bear the sins of many,

3の確信 そのように、キリスト様も多くのひとの罪のためにご自身をささげて、一度だけ死なれました。

 

4th Certainty and he will appear a second time, not to deal with sin but to save those who are eagerly waiting for Him.”

4の確信 そして、もう一度おいでになりますが、今度は罪を取り除くためではありません。その時の目的は、彼を熱心に、忍耐して待ち望んでいるすべての人に、完全な救いを与えることなのです。』

Hebrews 9:27, 28.

ヘブル人への手紙 第927節、28節。

 



Top
Front Page
Share this Site
with a Friend
Print